日本の文化|母の日に贈るアイテム|長く大切にできるアイテム

母の日に贈るアイテム|長く大切にできるアイテム

日本の文化

豆

節分とは季節を分けると言った意味があり季節の始まりの日でもあります。冬から春に代わる季節の変わり目で、寒さが最もピークを迎える時季でもあります。日本では節分の日に豆まきを行う家庭が多く、煎った豆を「鬼は外、福は内」と言いながら撒いて邪気を追い払う事をします。これは日本から古くある風習で、都に来た鬼の目に豆をぶつけて鬼を退治した話からきていると言われていて、鬼に豆をぶつける事で邪気を払って無病息災をを願うと言った意味合いもあります。節分の日には小さな子供のいる家庭では、お父さんやお母さんが鬼の面を被って子供達が豆をぶつけて楽しんでいる家庭も多くあります。多くの家庭では豆まきを通じて親が子供たちの無病息災を願っていると思います。

一年の始まりは1月1日からになっていますが、昔は一年の始まりは立春からと考えられていました。立春の前日が節分に当たりますので、一年の終わりに汚い事や災いなどを追い払い、新しい一年を迎えるために厄払いを行っていました。また占いや九星気学などは、旧暦の一年の始まりと終わりを使用しているのでこの節分を境に様々な事柄が変わってきます。最近人気のある風水や気学などを生活に取り入れている人は、特にこの節分を大切に考えている人が多くいます。この節分の時季には神社で多くの行事が行われていて、一年の厄払いや厄年の人達がお参りにも訪れています。節分というのは日本の様々な年代の人達の中で文化として根付いている事であります。