豆まきを知る絵本|母の日に贈るアイテム|長く大切にできるアイテム

母の日に贈るアイテム|長く大切にできるアイテム

豆まきを知る絵本

箱

ユニークな内容が好まれる

節分の時には豆を「鬼はそと、福はうち」と言いながら撒き、年ごとに決まった方向を向いて黙って恵方巻きを食べますが、この慣わしを子どもに教えるのは大人です。子どもに分かりやすく節分のことの説明する時に活用されるアイテムが、絵本です。節分を題材にした絵本はたくさんあり、「鬼はそと、福はうち」という言葉に反したユニークなお話から恵方巻きに関する穏やかなお話までいろいろあります。また、節分という行事について正しく記載されている本もあります。豆を撒いて良くない鬼を外へ追い出して福を呼ぶ行事と言えば大方の理解はすると思いますが、子どもはイラストで説明した方が理解が早いといわれているので、子どもに節分の説明をする時は絵本が活用されます。

鬼を傷つけない話と優しさ

ユニークなお話になっている絵本では、本来は悪い存在とされる鬼と仲良くする描写が多くみられます。言葉だけの意味でみたら悪い存在ということになりますが、鬼の姿は人間に似ており、心があるという見方もあります。鬼だからといって豆をぶつけては可哀想だという考え方から、鬼と人間が仲良くする描写が描かれます。このようなお話を読んで思うことは人それぞれかもしれませんが、鬼に心があるなら悪い鬼ばかりではないはずです。鬼と仲良くする内容の絵本は、良いも悪いも分からずに何かを傷付けることは良くないということを幼い頃から学ぶきっかけにもなります。各絵本によって対象年齢があるので、年齢に合わせた絵本を選ぶと理解しやすくなります。絵本はイラストも文字も難しさのない印象ですが、大人になってから読むと子どもの頃とは感じ方が違う場合があるので、試しに読んでみることをおすすめします。